婦人

これ以上顔のたるみを進行させないために今すぐやるべきこと

美白や抗酸化に役立つ

美容液

配合率の高さにも注意する

よくあるビタミンc誘導体入りの化粧品に関する勘違いが、濃度が濃いほうが良いというものです。もちろんビタミンcを多く吸収するためには、濃度がある程度高いほうが望ましいといえます。しかしビタミンc誘導体は刺激物としての性格も持つため高濃度だと肌に刺激を感じることがあるので、要注意です。そのためビタミンc誘導体が入った化粧品は配合率だけで選ばずに、自分の肌との相性も鑑みて選び抜く目が求められます。乾燥肌や敏感肌などで、刺激物に特に弱い方はビタミンc誘導体の配合率を抑えたものを選んだ方が無難です。また誘導体の種類によってビタミンcの浸透スピードも違うため、この点も気をつけるべきです。浸透率の早い種はAPPS、次がリン酸アスコルビルや、アスコルビン酸グルコシドです。

浸透力の高いものを選ぶ

どれだけ効果が期待できる美容成分であっても、それが肌に浸透しなければ意味が当然なくなります。これはビタミンc誘導体も同じで、いかに浸透力の高いものを化粧品の中から選ぶかが、重要なポイントです。浸透力の高いビタミンc誘導体入りの化粧品を選ぶためには、工夫できることがあります。それが水溶性と油溶性の両方の特徴を持つビタミンc誘導体が使用された化粧品を選ぶことです。実はビタミンc誘導体には水溶性と油溶性、そして先述のその両方の特性を持つ3種の誘導体があります。水溶性と油溶性の両方の特性を持つビタミンc誘導体として注目されているのが、APPSと呼ばれるタイプです。APPSは変質しやすいというデメリットを持ちますが、浸透力の高さは随一なため、APPS入りの化粧品を選ぶ工夫でより肌の美白や抗酸化作用が期待できます。