女性

これ以上顔のたるみを進行させないために今すぐやるべきこと

美白や抗酸化に役立つ

美容液

よくある間違いとして、化粧品に配合されているビタミンc誘導体は濃度が濃い方が必ずしも体に良い訳ではないので、注意が必要です。ビタミンc誘導体入り化粧品を選ぶときは、浸透力の高さにこだわって選ぶのもポイントです。特にAPPSと呼ばれるタイプのビタミンc誘導体は、浸透力も早くなっています。

詳細へ

オールインワンでお手入れ

スキンケア

メディプラスゲルは基礎化粧品の機能をすべて持っています。メディプラスゲルでシンプルケアをすることで、敏感肌や乾燥肌の改善ができます。他の化粧水や美容液は必要ないですが、併用する場合は塗る順番に気をつけることが大切です。

詳細へ

目元のお洒落を行う方法

付けまつげ

まつげのボリュームアップで人気が高いエクステは、グルーの付け方で人口毛が取れてしまうかどうかが決まります。施術を利用する時は、技術力と実績があるサロンを探す事が大切であり、口コミなどを活用して自分で実際に利用するのが良いです。

詳細へ

肌の老化に対抗する

女の人

生活習慣とスキンケア

年をとるとどんな人でも顔にたるみが出来てきます。たるみはほうれい線の原因でもあります。年齢に逆らって顔のたるみをリフトアップするのは難しくても、たるみの予防なら可能です。顔のたるみはコラーゲンやエラスチンなどの皮膚弾力組織が減少することで出来ます。新陳代謝が衰えると皮膚弾力組織の再生力も衰えます。加齢もそうですが、睡眠不足やダイエットなどは新陳代謝の乱れに繋がります。生活習慣を見直し、睡眠をしっかり取るだけで細胞の活性化が出来ます。また、セラミド不足も顔のたるみの原因です。セラミドはクレンジングで洗い流されます。洗浄力が弱い低刺激なクレンジング剤を使用し、肌をこすらないように洗えばセラミドを守ることが出来ます。

ピーリングでリフトアップ

スキンケアをしながらコラーゲンやエラスチンを増やす方法に、ピーリングがあります。ピーリングはエステでも人気ですが、市販のピーリング剤で自分でピーリングすることもできます。ピーリングには真皮層にある線維芽細胞にアプローチし、細胞分裂を促す効果があります。真皮層の細胞が活性化すると、皮膚弾力組織が復活して肌にハリが出ます。美容整形のように劇的なリフトアップ効果はありませんが、自分自信が持つ組織の力で自然にリフトアップするのが魅力です。また、リフトアップ以外にもしみ消し、毛穴の引き締め、ニキビの予防などの美肌効果もあります。ピーリング剤を配合したピーリングバーは肌に優しく使いやすいことから人気があります。